凌雲グループ(医療法人凌雲会、社会福祉法人凌雲福祉会)

稲次整形外科病院

病院基本方針

基本理念・基本方針

凌雲グループの基本理念

一.私たちは、利用者が受けてよかったと思える医療・介護・福祉サービスの提供を目指します。

一.私たちは、地域社会での生活を積極的に支援できる組織作りを目指します。

凌雲グループの基本方針

住み慣れた地域での生活の継続を支援しよう。

診療部の基本方針
地域医療の推進
急性期医療から在宅医療への橋渡し役を地域における役割とし、亜急性期医療・回復期医療の質を維持する。 また、地域の他の医療機関・福祉施設・居宅サービス事業所との連携に努め、その中核としての役割を果たす。
チーム医療の強化

患者様を中心としたチーム医療を展開する上で、医師の果たす役割が重要であることを常に意識し、看護師やリハビリスタッフ、その他のコ・メディカルスタッフの専門知識や意見、 そして患者様、その家族の方の希望や要望を上手に調整しうるコーディネーターとしての役割を果たせるよう行動する。

適切な診療連携

急性期治療後は病状が安定しているとはいえ、急変する可能性を十分認識し、その病状の変化により対応できない検査や治療が必要になった場合は、 速やかに適切な医療機関を紹介する。また、リハビリテーション医療ののみに偏ることなく、一般的な疾患管理に努めること。

救急医療

整形外科疾患を主体とした二次救急医療を担い、地域住民の患者様や当院をかかりつけとされている患者様を受け入れる体制の整った救急医療の確保に努める。 また、病状により対応できない検査や治療が必要とされる場合には、速やかに適切な医療機関への紹介を行う。

看護部の理念
  • 私たちは人間性を尊重した患者様中心の看護を提供します。
  • 地域との連携を密にし、質の高い生活を支援できるよう努めます。
リハビリテーション部理念の基本方針
  • チーム医療により早期自宅復帰・社会復帰を目指します。
  • 地域リハを積極的に行い、在宅生活を支援します。
  • スタッフは、より高いレベルのリハビリ医療の提供を目指します。

患者様の権利と責任について

人格や価値観を尊重した医療を受けるために次のような権利があります。
  • 適切で良質な医療を公平に受けることができます。
  • 病気、検査、治療、見通しなどについて、理解しやすい言葉や方法で、納得できるまで充分な説明と情報が受けることができ、 その上で治療方法などを自らの意志で選択する権利があります。
  • 診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的な療養生活を可能な限り他人にさらされず、プライバシーを守られます。
  • 一人の人間として、その人格、価値観などが尊重され、医療提供者との相互の協力関係のもとで医療を受ける権利があります。
患者様ご自身が「からだの責任者」として次のような責任があります。
  • 医師をはじめとする医療提供者に対し、ご自身の健康に関する情報を出来るだけ正確に提供する責任があります。
  • 納得できる医療を受けるために、医療に関する説明を受けても、よく理解できなかったことについて、十分理解できるまで質問する責任があります。
  • すべての患者様が適切な医療を受けられるようにするため、患者様には、他の患者様の治療や、あなた自身への医療提供に支障を与えないよう配慮する責任があります。
ページトップ