凌雲グループ(医療法人凌雲会、社会福祉法人凌雲福祉会)

稲次整形外科病院

回復期リハビリテーション病棟アウトカム

アウトカム実績

FIMとは

Fanctional Independence Measure の略で、日本語では「機能的自立度評価法」と略されます。日常の生活動作の自立度を示す指標で、世界的に広く用いられるスケールです。

18の活動項目に対して、それぞれ以下の7段階で点数化し、その合計点を表しています。最低が18点、最高が126点で点が高いほど日常自立した生活が送れていることを示しています。

FIM利得・FIM効率

1)FIM利得:退院時FIM-入院時FIM
→点数が高いほどリハビリテーションなどの効果が高い
(点数が高いほど自分でできることが多くなり、介助してもらう量が少なくなった)
2)FIM効率:FIM利得/入院日数
(リハビリテーション効果を入院1日当たりであらわしたもの)
→点数が高いほどリハビリテーションなどの効果が高い
(点数が高いほど短い期間での高い効果が表れた)
ページトップ