凌雲グループ(社会医療法人凌雲会、社会福祉法人凌雲福祉会)

障がい者生活支援センター 凌雲

事業所のご案内

障がい者生活支援センター 凌雲とは

在宅で生活をされている障がい児・者の方が自らの能力を最大限に生かし、さまざまな支援サービスを 活用し、できる限り地域社会の中で、自分らしく主体的に生活ができるようにお手伝いするセンターです。

利用いただける方

対象となる方 在宅の障がい児・者又はその家族の方。《障害者手帳をお持ちでない方もお気軽にご相談ください》
ご利用いただける地域 鳴門市・藍住町・松茂町・北島町・板野町・上板町・徳島市の一部(応神町)にお住まいの方
ご利用料金 無料
ご相談方法 電話・来初・訪問・FAX・Eメール等いずれの方法でも結構です

サービス開始までの流れ

サービスの流れ

支援についての相談

在宅での生活や介護に関すること
  • 家での家事が十分にできない。
  • 入浴ができずに困っている。
  • 自宅でリハビリを受けたい。
  • 趣味や余暇活動がしたい。
障害者手帳や年金・各種福祉制度に関すること
  • 障害者手帳の申請について。
  • 障害者手当、障害年金などの申請について。
  • 福祉の制度のことがよくわからない。
  • 各種申請書類の代筆・代読。
福祉施設・福祉機器に関すること
  • 施設への入所を考えている。
  • お風呂やトイレへの手すりの取り付け、その他住宅の改良を考えている。
  • 車椅子や補聴器・杖などの購入を考えている。
ピアカウンセリングに関すること
  • 障がいをもつ人の気持ちは、同じ障がいをもつ人が最も理解できる。
  • 同じ障がいをもつ人が、相談相手となり、皆様のお悩みにお答えします。
計画の作成
サービス等利用計画または障がい児支援利用計画の作成に関すること。
  • 地域での自立した生活を支え、課題の解決や適切なサービス利用ができるよう、計画を作成します。
  • 計画は心身の状態の変化等に配慮し、常に適切なサービス利用ができるようモニタリングし、随時変更されます。
地域相談支援(地域移行支援または地域定着支援)に関すること。
地域移行支援
  • 施設や精神病院から退所・通院し、地域で安心して生活できるよう、計画を作成します。
地域定着支援
  • 単身生活の方や同居する家族等による緊急時の支援が受けられない方に対し、地域定着支援台帳を作成し24時間の連絡体制を確保し、緊急時の支援を行います。

※その他、相談支援専門員が日常生活にかかわるあらゆる相談に応じます。

その他の取り組み

音楽療法

在宅の重症心身障がい児(者)の方を対象に、月1回個別音楽セッションを実施。障がい特性(重度の知的障がい、多動や全盲、自傷行為)や年齢、個別ニーズ(吸引や酸素療法)に応じたプログラムを作成し、保護者も一緒に、安心してセッションに参加できるような活動を行っています。

お問い合わせ

施設名 障がい者生活支援センター 凌雲
所在地 徳島県板野郡藍住町矢上字安任56-5
連絡先
情報公表
  • 強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)修了者配置
  • 精神障害者の地域移行関係職員研修修了者配置
トップページ