凌雲グループ(医療法人凌雲会、社会福祉会凌雲福祉会)

トピックス

2017年04月01日

耐震化を含む増築および一部改築が完了のお知らせ

昭和53年8月に藍住町に稲次整形外科をオープンして以来、約37年にわたり地域医療に貢献してまいりました。その間には平成10年の増改築以降、 整形外科の手術とリハビリテーションを中心とした病院(ベッド数48床)として、地域の皆様から親しく利用されてきました。特に数年前より、 救急患者さんやリハビリテーション患者さんのご利用が増え、満床に近い状態が続いていました。また今後の巨大地震にも対処するための耐震化も急がれていました。 このたび耐震化を含む増築および一部改築が完了(全面改修終了は平成29年7月末を予定)し、平成29年4月より67床の病院としてスタートを切ることになりました。 工事期間中の駐車場の制限や通行制限等、患者さんや近隣の皆様には、長期間の工事にも関わらず、ご理解とご協力を頂きましたことに感謝申し上げます。 なお4月からは、既存病棟の工事がスタートいたします。引き続きご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

理事長 稲次 正敬

病院長 湊 省

写真
トップページ